顔や体の気になるたるみを治療でなくそう|スッキリクリニック

ウーマン

マシンの種類と特徴

整形

美容外科でたるみ治療をするなら、使用するマシンや手術内容について詳しく理解しておいたほうが良いです。知識がないまま施術をしてしまうと、トラブルになる可能性があるので注意しておいたほうが良いです。肌のたるみ解消ができるマシンとして、クリニックでよく使用されているのが、ウルセラです。ウルセラは、筋膜に作用して肌を引き締めて、たるみを解消できるマシンのことです。切開をしてたるみ解消をするフェイスリフトでは、筋膜がとても重要になります。筋膜へのアプローチを間違ってしまうと、手術が失敗してしまうのです。ウルセラの場合は、その筋膜を切開することなく作用できるので、リスクを抑えてたるみ解消できるといメリットがあるのです。ウルセラから出る超音波は、皮膚の深部にピンポイントで熱を届けることができます。そのため、肌の表面に傷をつける心配がないですし、効率よく筋膜を引き上げることができるのです。その引き上げの効果が実感できるのは、施術をしてから約1ヶ月~2ヶ月後程度となります。

ウルセラは超音波を使用して、たるみを解消する治療法ですが、レーザーを使用してたるみを解消する治療法もあります。レーザー系の治療の1つが、ジェネシスです。ジェネシスとは、YAGレーザーというレーザーを照射して、肌を再生できる治療です。ジェネシスには、ピーリング効果があるので、古い角質や汚れを除去して、肌のターンオーバーを正常化することができます。ジェネシスを使用して、肌のハリや弾力を取り戻すことによって、たるみを解消することができます。ただ、重度のたるみの場合は、解消できない場合もあるので医師と相談して治療方針を決めたほうが良いでしょう。レーザー系以外にも、高周波や赤外線など、さまざまなマシンがあるので自分の目的や予算に合った方法で治療を進めていくことが大切です。たるみ治療に関する知識を知っていれば、自分でしっかりと考えて、正しい治療法を判断することができます。肌のたるみに悩まさないようにするためには、普段からケアをしておくことです。すぐにたるんでいることに気づいて、ケアをすれば、自分で改善することも可能です。そのまま放置していると、解消するのが難しくなることもあります。美容外科で早めに治療すれば、簡単な治療法で、たるみを治すこともできるのです。

ダウンタイムが少ない治療

目元を触る女性

目の下のたるみを解消したいなら、ヒアルロン酸注入やレーザー治療を受けると良いでしょう。ヒアルロン酸注入は手軽に受けられるので人気が高いです。見た目年齢を若くしたいという方にぴったりの治療法です。

詳細へ

メソセラピーでスッキリ

カウンセリング

ダイエットをしても、顎の脂肪を落とすことができずに、たるんでしまうことがあります。軽度のたるみなら、メソセラピーで脂肪を溶かすことで減少させることができます。重度の場合は、フェイスリフトを行なうと良いでしょう。

詳細へ

脂肪吸引のメリット

頬に手をあてる婦人

お腹についたたるみを簡単に解消する方法は、脂肪吸引です。美容外科で受けられる脂肪吸引は、脂肪細胞の数を減らすので、リバウンドもしづらいです。すぐにたるみを解消して、お腹周りをスッキリさせたいという人にぴったりです。

詳細へ

二の腕を引き締める手術

鏡を見る女性

二の腕のたるみを解消するのに効果的な方法として、ジェット水流があります。従来の脂肪吸引よりも、痛みが少なく、ダウンタイムも短いです。熱エネルギーを照射して、肌を引き締めるサーマクールという施術もあります。

詳細へ